690f29b7d40e8bbf8611e797b0cdb3b6123d71291380618369

マギ 293話 感想!


引用元: ・【大高忍】マギ ネタバレ 第58夜【サンデー】

マギ 293話
紅玉の演説に盛り上がる元兵士達

--------------------------------------

【回想】

ナレーション
「紅玉の演説の1週間前」

紅玉、夏黄文、モブ文官を前に
アリババが話している

1


モブ文官
「煌帝国軍を商会として
 復活させるぅ!?」

アリババ
「ああ!資料を読んだが
 この国の武器は軍隊だ

 大陸を一気に攻め上がった
 地上最強の軍隊こそが

 パルテビアやレームに勝る
 一番のものなんだ」

夏黄文
「ダメダメ!」

アリババ
「なぜ?」

夏黄文
「兵役制度が国際同盟に
 禁じられている!

 今や脆弱な自警団しかなく…
 煌帝国はもはや戦争はできん」

アリババ
「戦争はしねえ。平和な軍隊、
 それが新生・帝国軍だ!

 皆、想像してもみてくれよ…」

紅玉
「…」

モブ文官
「…?」

アリババ
「煌が戦時中に使ってた大量の兵器の
 製造技術、軍事物資の輸送、管理能力…

 これを全て商会につぎ込んだら
 どうなると思う?」

モブ文官
「え…!?」

紅玉
「ま…まさか…」

アリババ
「兵器の代わりに食料や製品を作る!

 従業員には失業中の大勢の兵士を
 そのまま雇う!

 そうすりゃ、軍隊時代に確立した
 指揮系統、そのまま商売に使えるっ!

 煌帝国軍を丸ごと1つの商会として
 復活させるんだ!」

紅玉達
「…!!」

鼓動が高鳴る紅玉

アリババ
「そうしたら…従業員百万等の世界一
 どでかい商会が誕生するじゃねーか!」

2


紅玉達
「!!!」

モブ文官
「そんな大規模なのは世界中
 まだどこにもねーぞ…
 シンドリア商会よりもでけえ!」

紅玉
「国際同盟は軍隊は禁じても
 商会は禁じてないのね!
 い…いけるわ!!」

アリババ
「だろ!」

夏黄文
「ダメダメダメーッ!」

モブ文官
「夏黄文さぁん!?
 もー権力を取られたからって
 ひがまないでくださいよぉ!」

夏黄文
「違うわ、バカモノッ!

 アリババ、貴様は煌帝国軍兵士の
 【誇り】を理解していない」

アリババ
「…【誇り】?」

--------------------------------------

夏黄文
「煌帝国は武力で全てを
 勝ち取ってきた自負がある…

 兵士達にはその誇りがおる!

3


 それを今更、剣を捨ててカネのために
 ぺこぺこして生きていけだと~っ!?

 そんなみっともない商人なんぞに、
 いまさらなれるかっ!」

モブ文官
「確かに…」

アリババ
「なに~!?商人を馬鹿にするなっ!」

机を思いっきり叩くアリババ

夏黄文
「!?」

アリババ
「あんたらは力で脅して
 他人からむしり取って
 国を大きくしてきただろう!?

 でも自分の頭で考えて他人に
 喜んでもらえる商品やサービスを

 工夫して生み出して…
 そのために必死に頭を下げている…

 商人のどこがみっともねーんだ、
 言ってみろーっ!」

4


夏黄文
「な…!!」

モブ文官
「そ、それは…」

アリババ
「なんて励まし方じゃあ煌の人たちの
 やる気を傷つけるだけだよな」

夏黄文達
「え?演技!?」

アリババ
「煌帝国には煌帝国らしい
 やる気の出し方があるよなっ!」

モブ文官
「は、はい」

アリババ
「商売の時代に剣を振るしかできねえ
 軍人は能無し…能無しか…

 誰にでも向き不向き
 励まし方があるよな

 でもせっかく生きてるんだもんな
 どんな時代でも…

 自分の事を好きになって、
 胸を張って生きたいよな」

アリババを見つめる紅玉

紅玉
(アリババちゃん…変わったわ
 どうしてそんな風に考えるように
 なったのかしら…?)

5


アリババ
「だから、自信をなくして
 自分の無力さに打ちのめされてる

 元兵士達に上を向かせてやる事こそが…
 俺たちの最初の仕事だ!」

【回想終了】

--------------------------------------

元兵士達が農業をしている
それまでに至った過程が
再び回想でアリババから語られる

--------------------------------------

【回想】

会議室に重役達を集めて
国が復興について話すアリババ

6


アリババ
「農業だ

 今の煌に向いてるのは食料生産だ
 広い土地、肥沃な大地

 初期投資少なくたくさんの人手で
 大量生産できる!

 食わずに生きられる
 人間なんざいねーんだ

 だから煌は、
 世界の食料庫になろうぜ!

 そうすりゃパルテビアだって
 頼ってくる…

 食べ物を売ってくださいってな!」

重役達
「おお!!なるほど!!」

夏黄文
「ダメダメ!
 そんなことはもうやった!

 商会を作り、農作物を
 他国へ輸出した!

 しかし儲からなかった!」

アリババ
「なぜ?」

夏黄文
「立地が悪いッ!」

アリババ
「立地?」

夏黄文が世界地図を広げる

夏黄文
「世界地図を見ろ!

 世界の中心はレームや
 パルテビアのある、
 西方の地域なのだ!

 すなわち煌からは遠い!

 そこへちんたら農作物など
 運んで見ろ…腐るッッ!」

アリババ
「!!むっ…!!」

夏黄文
「天山山脈越えはつらい
 陸路はコストがかかりすぎる」

アリババ
「海路は?」

重役達
「海路はだめじゃ…

 海洋貿易国家バルバッドを
 失ったのが痛い

 二年前の独立運動の折に
 我々の支配から逃れてしまった」

アリババ
「それは当然の権利だよな」

紅玉
「パルテビア、アルテミュラ、
 エリオハプト…

 七海連合の主要国が世界の中心

 煌や鬼倭は最初から
 仲間だと思われてないのよ」

アリババ
「…空輸だな…飛空艇を
 煌帝国では作れないのか?」

重役達
「…作れん

 あれはシンドバッドが
 マグノシュタットの

 高度な魔法技術を用いて
 独占的に作っている代物じゃ

 通信機も同様じゃ

 飛空艇と通信機をシンドバッドは
 煌の内戦直後に開発した…

 通信と移動

 この2つをシンドリア商会は
 一手に握ることによって、
 
 新世界で不動の地位を
 手に入れたのじゃ…」

7


アリババ
(変だぜ…?
 煌の内戦直後に開発した?

 マグノシュタットにはあの頃、
 せいぜい魔法の絨毯しかなかったのに

 シンドバッドさんは一体
 どうやってあんな突飛なモンを
 創り出せたんだ?)

アリババ
「まあそれは置いといて
 ないもんは仕方ねー
 頼んでみるか」

--------------------------------------

シンドバッドに電話をかけるアリババ

アリババ
「あっ、シンドバッドさん!
 飛空艇を100機ほど、
 俺に譲ってください!」

モブ文官
「うわ~!!
 いきなり無茶苦茶な事を!!」

シンドバッド
「やあ、アリババくん」

アリババ
「あれ?お仕事中ですか?」

シンドバッドの周りには
重役達?が集まっている

8


シンドバッド
「ああ。騒がしくてすまないね
 飛空艇の件だがね。、それは断る

 アリババくん、
 君が言ったことじゃないか

 煌帝国のことは煌帝国で
 なんとかしますから、と

 煌帝国の持ち物で何をしようが
 国際同盟は口を挟まないよ

 だが君はそのための財源は
 どうするつもりだ?」

モブ文官
「財源…そんなもの…

アリババ
「財源かぁ…
 そりゃそうですよね!」

ニッと笑っているアリババ

モブ文官
「え!?」

シンドバッド
「ん?」

そのまま通話を終えるアリババ

--------------------------------------

アリババ
「ダメ元だったけどやっぱだめか
 輸送手段か…

 シンドバッドさんだけに
 頼らなくても…」

夏黄文
「何か策があるのか!?」

アリババ
「いや、まだ分からないけど大丈夫だ
 煌帝国にはこんなに人がいるんだし…

 鍵を握ってる奴がどこかにいる
 なんだかそんな気がするんだ!」

9


マギ 294話へ続く



紅玉の演説の一週間前
モブ兵「煌帝国軍を商会として復活させるぅ!?」
アリババ「ああ!資料を読んだがこの国の武器は軍隊だ。大陸を一気に攻め上がった地上最強の軍隊こそがパルテビアやレームに勝る一番のものなんだ」
夏黄文「ダメダメ!兵役制度が国際同盟に禁じられている!今や脆弱な自警団しかなく…煌帝国はもはや戦争はできん」
アリババ「戦争はしねえ。平和な軍隊、それが新生・帝国軍だ!
みんな、想像してもみてくれよ…煌が戦時中に使ってた大量の兵器の製造技術、軍事物資の輸送、管理能力…これを全て商会につぎ込んだらどうなると思う?
兵器の代わりに食料や製品を作る!
従業員には失業中の大勢の兵士をそのまま雇う!そうすりゃ、軍隊時代に確立した指揮系統「そのまま商売に使えるっ!
煌帝国軍を丸ごと1つの商会として復活させるんだ!そうしたら…従業員百万のら世界一どでかい商会が誕生するじゃねーか!」
モブ兵「そんな大規模なのは世界中まだどこにもねーぞ…シンドリア商会よりもでけえ!」
紅玉「国際同盟は軍隊は禁じても商会は禁じてないとのね!」
夏黄文「ダメダメダメーッ!」
モブ兵「夏黄文さぁん!?もー権力を取られたからってひがまないでくださいよぉ!」
夏黄文「違うわ、バカモノッ!
アリババ、貴様は煌帝国軍兵士の誇りを理解していない。煌帝国は武力で全てを勝ち取ってきた自負がある…兵士達にはその誇りがおる!それを今更、剣を捨ててカネのためにぺこぺこして生きていけだと~っ!?
そんなみっともない商人なんぞに、いまさらなれるかっ!」
アリババ「商人を馬鹿にするなっ!あんたらは力で脅して他人からむしり取って国を大きくしてきただろう!?
でも自分の頭で考えて他人に喜んでもらえる商品やサービスを工夫して生み出して…そのために必死に頭を下げている…商人のどこがみっともねーんだ、言ってみろーっ!ーなんて励まし方じゃあ煌の人たちのやる気を傷つけるだけだよな。
煌帝国には煌帝国らしいやる気の出し方があるよなっ!
商売の時代に剣を振るしかできねえ軍人は能無し…能無しか…誰にでも向き不向き励まし方があるよな。でもせっかく生きてるんだもんな。どんな時代でも…自分のことをすきになって、胸を張って生きたいよな。」
紅玉(アリババちゃん…変わったわ。どうしてそんな風に考えるようになったのかしら…?)
アリババ「だから、自信をなくして自分の無力さに打ちのめされてる元兵士達に上を向かせてやることこそが…俺たちの最初の仕事だ!」

場面は会議室へ
アリババ「農業だ。今の煌に向いてるのは食料生産だぜを広い土地、肥沃な大地、初期投資少なくたくさんの人手で大量生産できる!
食わずに生きられる人間なんざいねーんだ。
だから煌は、世界の食料庫になろうぜ!
そうすりゃパルテビアだって頼ってくる…食べ物を売ってくださいってな!」
夏黄文「ダメダメ!そんなことはもうやった!商会を作り、農作物を他国へ輸出した!しかし儲からなかった!」
アリババ「なぜ?」
夏黄文「立地が悪いッ!世界地図を見ろ!世界の中心はレームやパルテビアのある、西方の地域なのだ!すなわち煌からは遠い!
そこへちんたら農作物など運んで見ろ…腐るッッ!天山山脈越えはつらい。陸路はコストがかかりすぎる」
アリババ「海路は?」
モブ文官「海路はだめじゃ…海洋貿易国家バルバッドを失ったのが痛い。二年前の独立運動の折に我々の支配から逃れてしまった」
アリババ「それは当然の権利だよな」
紅玉「パルテビア、アルテミュラ、エリオハプト…七海連合の主要国が世界の中心。煌や鬼倭は最初から仲間だと思われてないのよ」
アリババ「…空輸だな…飛空艇を煌帝国では作れないのか?」
モブ文官「作れん。あれはシンドバッドがマグノシュタットの高度な魔法技術を用いて独占的に作っている代物じゃ。
通信機も同様じゃ。飛空艇と通信機をシンドバッドは煌の内戦直後に開発した…通信と移動。この2つをシンドリア商会は一手に握ることによって、新世界で不動の地位を手に入れたのじゃ…」
アリババ(変だぜ…?煌の内戦直後に開発した?マグノシュタットにはあの頃、せいぜい魔法のじゅうたんしかなかったのにシンドバッドさんは一体どうやってあんな突飛なモンを創り出せたんだ?)
「まあそれは置いといてないもんは仕方ねー。頼んでみるか」
シンドバッドに電話をかけるアリババ
アリババ「あっ、シンドバッドさん!飛空艇を100機ほど、俺に譲ってください!」
シンドバッド「やあアリババくん。」
アリババ「あれ?お仕事中ですか?」
シンドバッド「ああ。騒がしくてすまないね。飛空艇の件だがね。、それは断る。
アリババくん、君が言ったことじゃないか。煌帝国のことは煌帝国でなんとかしますから、と。煌帝国の持ち物で何をしようが国際同盟は口を挟まないよ。
だが君はそのための財源はどうするつもりだ?」
アリババ「財源かぁ…そりゃそうですよね!」
通話を終えるアリババ
アリババ「ダメ元だったけどやっぱだめか。
輸送手段か…シンドバッドさんだけに頼らなくても…」
夏黄文「何か策があるのか!?」
アリババ「いや、まだ分からないけど大丈夫だ。煌帝国にはこんなに人がいるんだし…鍵を握ってるやつがどこかにいる。なんだかそんな気がするんだ!」

次号へ

>>149
“アリババ(変だぜ…?煌の内戦直後に開発した?マグノシュタットにはあの頃、せいぜい魔法のじゅうたんしかなかったのにシンドバッドさんは一体どうやってあんな突飛なモンを創り出せたんだ?)”


↑これってシンドバッドに知識があっても技術者がその知識を理解できなければ造り出せないってことかな?
「魔法のじゅうたんを作り出す程度の技術しか持たない人間」を「飛空艇や通信機を作り出せる技術を持つ人間」に変える指導者が必要ってこと?
それら全てシンドバッドがやるにしても内戦直後に開発するのはあまりにもはやすぎる……と

>>184
違うだろ
あの頃のマグノにそんな知識はなかったんだからシンドバッドが嘘の情報を公開してるって事でしょ

150: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ (フリッテル MM54-yFMF) 2016/01/25(月) 11:13:52.86 ID:fMEupOPGM.net

勘に頼って物事をすすめる奴は商人どころか何にも向かないと思うんだけど
外伝のシンドバッドみた感じでは作者も流石にその程度分かってると思うし
アリババ下げの一環と思いたい

151: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ (ササクッテロ Sp8d-Tphq) 2016/01/25(月) 11:16:03.15 ID:c7u6cnvMp.net
バレおつ
シンドバッドとアリババの力関係がおもろいな

152: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ (ワッチョイ f4ea-ZSSU) 2016/01/25(月) 11:18:00.81 ID:12hnwaYa0.net
何か無理がある気がする…

154: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ (スプー Sda8-i/2J) 2016/01/25(月) 11:23:34.08 ID:jEdW6l+Bd.net
電話がシンドバッドから貰ったものかどうか気になるw

155: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ (フリッテル MM54-yFMF) 2016/01/25(月) 11:24:40.27 ID:fMEupOPGM.net
思った
アルマトランの映像見てシンドバッドがダビデと繋がってるっつー情報があるのに結び付けられないとか無能すぎ
まあアリババってより作者と編集がコントロールしきれてないだけなんだろうけど

それにしても不愉快な歓迎性だな
20歳過ぎてるくせに子供身分を武器に無責任にタカるバカと叱れもしない大人
援交かよ

156: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ (ワッチョイ 19aa-0352) 2016/01/25(月) 11:30:24.20 ID:LHgRvUuN0.net

マグノはシンドバッド支配下にあるってことなのか?確かレーム傘下じゃなかったっけか
その辺にヤムライハが関わってんだろうか…
何か独占的にって響きがシンドバッドがよくないことをしようとしている雰囲気増し増しで怖いな

>>156
単に煌帝国側から見たらそう見えるってだけのことだと思うわ、仮想敵認定するぐらいだし
シンドバッド本人は利益のためにはやってないし、周囲に出来れば自力で上がって欲しいと思ってもいるだろうけど
それ以上に力を持つと義務を果たさずにいられないタイプだからボケッとしてると何でも解決されてるという感じだな
で、それが結果的に他の権力者のプライドを傷つけているという

>>169
自分とこだけでもうけるために独占してんじゃねえの?
飛空艇を最初に作った偉業がシンドバッド(とマグノ技術者)、でいいけど、技術が確立された後もなお独り占めするなんておかしくね?って思う
他の商会も作ってもいいけど特許料払ってもらうよとかでいいじゃん、他で作っちゃいけない理由でもあんのか?って話だよ
てか空賊たちは小型船持ってるし煌商会でも作れると思う
で、空飛ぶ自動車(仮)を作って農作物売ってたが、他の商会に乗り物を売ってくれ言われて農業と工業で金稼ぎとか

物資を運ぶ手段として、氷魔法で冷凍して鮮度を保ったままお届け!とかできそうな気もするけど、魔法使い自体が大勢いないと無理なのかなあそういうのは
魔法があっても以外に何でもできるわけじゃないのかもな、知恵と工夫が必要か

>>172
>自分とこだけ設けるために独占
1人飛び抜けたスペックのシンドバッドがやりたいならシンドリア国でもその程度のこといくらでも出来るだろ
適当な理由つけて引退して悠々自適に生きて好きなだけ冒険することだって出来ないわけない

>>172
シンドリア時代の白龍みたいに「学びたいから留学させてくれ」とかなったら歓迎されるんじゃん?
勿論タダではないだろうけど
実際、移動が自由だってんなら他国に出てった奴らがそこで学んで自国に還元していいってことだろうし
そういう努力なく、ちょっとお金払うから技術全部流用させてくれってのは怠惰っしょ

>>176
すまんが読み違えてるわ、何も技術を教えろなんて言ってない
なぜ今までレームその他が作れないんだ?作り方を知らない技術がない以外に、シンドバッド以外に作っちゃいけない独占できる法律でもあんのか?って疑問を言っただけなんだ
独占できるってことは、作れない以外の何かがあるってことだろうし

>>156
経済の世界になったんだから製造法を秘密にするのは当然じゃん

煌帝国は反省の色が見られないのがダメだわ。自分らが散々侵略・略奪してきたのに、いざ世界が変わって逆の立場になると「卑怯だ」と嘆くだけだし

157: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ (フリッテル MM54-yFMF) 2016/01/25(月) 11:33:49.70 ID:fMEupOPGM.net
そりゃ独占にもなるだろ
建前にマグノの名前借りてるだけでダビデの知恵の産物だろうし
こっちの世界の人間シンドバッド以外ほとんど誰も魔法知識が追いついてない可能性が高い

158: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ (ワッチョイ d974-Tphq) 2016/01/25(月) 11:47:29.55 ID:fyzDJx730.net
なんかこうシンドバッドの冒険でやれよって内容になってきたな
ようやくアリババ君23歳(精神年齢20歳)がシンドバッド15歳に追いつくのか

>>158
いくらなんでもシンドバッドとその他の能力と実績に差をつけすぎたよな
1人に頼るのは~云々やるにしても能力に差がありすぎ&ファンタジー世界だから全く説得力を感じない

しかも自立系に肝心のモブが漫画基準でも最低ラインで主人公sもモブ馬鹿にしてるし
作者の血統アクセサリー主義が行きすぎて主要キャラにモブの代弁ポジションはいないし

159: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ (ワッチョイ 19aa-0352) 2016/01/25(月) 11:50:58.51 ID:LHgRvUuN0.net
転送魔法陣を主要箇所に設置して物資の移動をなんでやんないのかな?って思ってたけど難しいのかなあれ
空路で物運ぶより早く移動できるし賊に襲われる危険もぐっと減りそうなのに

バルバッドは独立できたってことかな?煌の支配から脱出できたまでしかわからんとは
シンドバッドの影響下にあるとかだったらやだなあ
アリババの行動でバルバッドを戦場にせず煌の支配下から開放された結果を生み出せたから
やっぱり白龍を説得しに行ったのは正しかったんだなよかった

>>159
紅明干からびちゃう
理論解明して普及させられるのなら別だけど

161: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ (ワッチョイ d974-Tphq) 2016/01/25(月) 12:03:46.05 ID:fyzDJx730.net
いや見通しが甘く自分の利益伏せた交渉した結果が良かったから間違ってなかったって理屈はおかしい

162: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ (ワンミングク MMe1-9XmM) 2016/01/25(月) 12:45:05.42 ID:4cjm3qUUM.net
ババさんの根拠のない自信はどこから来るんだ

166: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ (ワッチョイ e8e0-i/2J) 2016/01/25(月) 13:30:56.72 ID:gP0nt6iL0.net
まあアルマトランの知識さえあればアルマトランの技術の再現は余裕だろう

168: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ (フリッテル MM54-Xmbl) 2016/01/25(月) 13:49:09.18 ID:fMEupOPGM.net
アリババが出来てシンドバッドが出来ない理由が無いからなあ>空間魔法実用化

っていうかアリババはソロモンとシンドバッドの悪いとこ合わせて更に劣化させたようなルート突き進んでないか
自意識の無いモブは感動してるみたいだけど皆物理的に必要とされる社会(必要とされなきゃ生きる意味を見いだせない社会)ってそうとう発想が病んでるぞ
病んでるのが作者かアリババか微妙なとこだけど

>>168
白龍への特攻も色々言いたいことはあるけど友人を助けたい世界を滅ぼしたくないって善意から来てたこと自体はよく分かった
今のアリババは本当に考えの根底というか根本がよく分かんないんだよなあ

>>170
アリババにシンドバッド的な合理的な根拠付けを期待するから分からないんじゃないのか

故郷の国一つにしてもアリババは割り切れずに未だに引きずって(今回の演説とかな)かなりウェット
シンドバッドは仲間の敵で殺されかけた相手だろうが多少は複雑でも良いことだと言い切って他に集中できるタイプ
今回も深い理由は無くてアラジンに会いたい、紅玉が困ってる、ここにいれば良い気がするに深い意味は無いんじゃねえの

263: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ (アウアウ Sa69-VobL) 2016/01/27(水) 13:39:06.44 ID:yen0nP/da.net
白龍は正直ダークファンタジー系の主人公補正かかってるよね…オークの群れを倒しにいってなんとか一人帰ってこれたら村が帝国軍に焼き討ちされてた的な
チートもそれ系の補正を感じるが何だかんだ人に囲まれてるしギャグ担当のキャラだから明るいのよな最終章に入って補正マックスでかかってそうだがww

264: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ (ワッチョイ 4f2e-uj8w) 2016/01/27(水) 14:34:09.37 ID:hyQyHviv0.net
白龍と組んだ途端に(メタ的に)明け透けな悪役路線に舵取られたあたり白龍殿下の運命の逆補正は特異点すら巻き込む素晴らしさ

265: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ (ササクッテロ Sp81-uj8w) 2016/01/27(水) 15:51:02.37 ID:D/vXlbilp.net
つまりアラジンも、ガチでソロモンの移し身としてボス化してる可能性が……?

266: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ (ササクッテロ Sp81-uj8w) 2016/01/27(水) 16:03:31.47 ID:8qLIaNLGp.net
アラジンラスボス説



2525: 名無しさんのオススメ記事 2015/00/00(水) 18:18:18.18

cc47c3c36d 男「ん。それじゃ」女「ん。ありがと」

cc47c3c36d エルフ少女「森の外に出たい!」 エルフ母「ダメ!」

cc47c3c36d 【氷菓】える「鏑矢中ベストカップル? 私、気になります!」

cc47c3c36d 【動画感想】映画「魔女の宅急便」をみた女子の反応www

cc47c3c36d 「GTO」作者・藤沢とおる氏の自宅が大豪邸すぎてヤバイwwwww

cc47c3c36d 『ちびまる子ちゃん』あるある挙げてけwwww