131216nisekoi

ニセコイ 最新204話 ネタバレ・感想!


引用元: ・【(ю:】ニセコイ総合スレpart186【アンチ・バレ】

ニセコイ ネタバレ 204話
『チャンス』

--------------------------------------

【千棘家】

クロードが屋敷に帰ってくる

煽り
「眉間のシワ、多めで帰還」

部下
「…あ!クロードさん!
 おはようございます!

 なんだか…久々にクロードさんを
 見た気がしますね…」

クロード
「ああ、最近は任務で
 方々回っていたからな
 お嬢の様子はどうだ?」

部下
「お元気ですぜ?
 今日だって明日がデートだってんで
 鼻歌歌ってたくらいで」

クロード
「ぐっ…そうか…元気ならいいのだ…(怒
 …誠士郎はどうしている?」

--------------------------------------

ポーラと話している鶫

ポーラ
「…ねぇ、ブラックタイガー
 あんたこのシンロキボウチョウサショ
 って書いた~?」


「進路調査書?ああそういえば
 二年になった時に書かされたな」

ポーラ
「担任が早く提出しろってうるさいのよ
 書き方これで合ってるかしら?」


「別に適当でいいだろう
 私達に進路など意味がないからな
 お嬢の進む先に付いてゆくだけだ」

ポーラ
「それは分かってるけど…
 一応よ一応…!」


「ん?ポーラお前、
 大学へ進学したいのか?」

ポーラ
「だっ!ババババ…
 何言ってんの違うわよ!!
 
 ただなんかそれっぽいこと
 書いとかないとメンドーだから…!

 誰がこれ以上、学校なんて
 楽しくない所に…!」


「…何をそんなに慌てているのだ?」

1


ポーラ
「そういうあんたは何て書いたの?」


「は?いやだから…私達に進路なんて…」

ポーラ
「なによ 、ちゃんと関係あるでしょ?
 第二の妻っていう…」

吹き出す鶇


「だからポーラ!!
 何度も言うが私はそんな事望んで…!!」

ポーラ
「は~まったく煮え切れないわねぇ~
 そんな事言ってるから好きな男
 一人も落とせな…」


「落とせなくて結構だ!
 だいたい私はあんな奴の事はなんとも…」

その時、クロードから電話が入る


「クロード様だ
 もしもし、誠士郎です」

--------------------------------------

【デート当日】

楽と千棘が

千棘
「…おはよ~ダーリン
 今日もよろしく~」


「…おう…おはよ…」

千棘
「今日どこいく?」


「一緒に決めようぜ」

2人を遠くから双眼鏡で見ている鶇


(はぁ…クロード様も執念深いというか
 諦めが悪いというか…)

次見がクロードの言葉を思い返す

クロード
【…いいか誠士郎
 今度こそ、奴のしっぽを掴むのだ!

 どんなに正体を隠そうとも
 必ずスキじゃあるはずだ!

 必ずやあのガキを血祭りに上げて…】

楽と千棘を監視している鶫


(…まったく、今更この二人に
 張り付いた所で何も無いだろうに…

 信じては貰えんだろうが
 見てきたのだ…

 二人の慈しみ合う姿を…
 誰よりも近くで…)

変装している鶫

2

3


(この姿ならバレることもあるまい
 …うん、幸せそうだ)

鶫がキュ…と手を握りしめる
だが2人の仲良さそうな姿をみて
モヤモヤする


(ハッ!?なんだこの胸のモヤモヤは!
 任務に集中しないか集中…!

 今日の私の任務は2人を
 ただ見守るだけだ…!)

--------------------------------------

その時、楽と千棘の様子が
おかしい事に気づく鶇


(…ん?なんだ?
 なんだか二人の様子が…)

楽と千棘は慌て人気のない所へ行く


(どうしたのだろう
 どんどんと人気のない所へ…)

尾行する鶇


(若い男女が人気の無い所へ…)

その時、顔を赤くしてハッとする鶇


(これは追いかけても良いのだろうか…

 もしかすると恋人同士の人には
 見られたくない瞬間などを
 目撃してしまうのでは…

 しかし私は仕事で2人を
 監視しなくてはならないわけで…

 …とはいえお嬢のプライバシーを
 そこまで侵害してまでというと…

 いやいやしかし…
 …申し訳ありませんお嬢

 これは全て任務の為なのです
 決して私的な興味などではなく仕事の…)

--------------------------------------

鶫が2人に近づき聞き耳をたてる

千棘
「それにしても驚いたわね~
 あんな所にウチの皆がいるなんて…」


「ウチのモンまでな
 ケンカしてるわけじゃねぇ
 みたいだったから良かったけど」

千棘
「ちゃんと約束守ってくれてるみたいね
 ちょっと感心しちゃったわ
 逃げて来ちゃったけど良かったかしら」


「大丈夫だろ見つかるとメンドーだし」


(なるほどビーハイブの者がいたのか
 やくざも確かに二人きりの時間を
 邪魔されたくはないだろうな)

千棘
「…それにしても意外とバレないもんよね
 私達の関係って」

固まる鶇


「そうだなぁウチの奴らだって
 普通に街の中にいるんだし
 学校の皆だっているのにな」

千棘
「最初頼まれた時は感情面より
 まず不可能だって思ったわ
 案外私って女優とか向いてるのかも」


「いやぁ…どうだろ」

目を開く鶇


(な…?なんだ…?
 何の話をしている…?)

千棘
「なによ文化祭の時は
 普段恋人のフリしてるんだから
 大丈夫とか言っといて」


(!!恋人のフリ!?)


「あれはあくまでオレ達のアドリブ力の話で…
 てか親父達との約束まで
 あと一年あるんだから油断すんなよ?」


(約束…!?一年って…!?
 なんなのだこの会話は…
 まさか…まさかお嬢達は…)

千棘
「そっちこそヘマやらかさないでしょね」


「こっちのセリフだ」

千棘
「じゃそろそろ行こっか…
 てか今日あんた口数少なくない?」


「…気のせいだろ」

ゴホンと誤摩化す楽
その時、2人に話しかける鶇


「ま…待って…!今の話詳しく…」

それに驚く千棘と楽

楽&千棘
「ギャァアー!!なんか出たー!!」

--------------------------------------

楽と千棘が鶇の前で正座している


「…つまり…

 お嬢はずっとボス達の命令で
 恋人のフリをしていただけだと…

 私はずっと二人にだまされていたと…」


「…その通りにございます」

千棘
「ごめんね鶫、今まで黙ってて…」


「いえ…事情を知れば納得しましたから

 まさか二人が組織や街を守るために
 その身を犠牲にされていたとは…

 おそれ入ります」


「…怒らないのか?
 殺されると思ってたんだが…」


「この状況なら私に言えるわけもないだろう
 そのくらいの分別はつくさ」

手を合わせて謝る千棘

千棘
「打ち明けなきゃって
 思ってたんだけど…」


「つぐみは千棘の引っ越しの時
 メガネより千棘の味方になってくれたからな
 言うのが遅くなって悪かった」


「いやいいんだ…
 悪気があって騙してた訳でもない

 今までそれを見抜けなかった事が
 ショックで…」

4


千棘&楽
(ああ…)


「正直、今でも信じられないくらいです

 私は心の底から二人は愛し合う
 恋人同士だと信じていたので…

 本当に二人はなんでもない
 関係なのですか?

 お互いを異性として
 何とも思っていないのですか?」

その言葉に赤くなる楽と千棘

千棘
「そっ…そちゃあもちろん…ねぇ!?
 こんな事情さえなかったら
 なんでこんな奴と…ねぇ!?」


「もっ…もちろん何とも思ってねぇよ!?」


「…そうですか…どうやら本当に私には
 人を見る目が無かったようですね

 分かりましたこの事は
 クロード様には黙っておきます
 安心してください

 私はこれで失礼致します」

千棘
「ああ…うんまたねつぐみ」

--------------------------------------

【夜】

料理をしている鶫が昼間の事を考える


(まさか、こんな事になっていたなんて
 クロード様が正しかったと言うことか…
 
 私には…なんにも見えていなかったと…

 今でもまだ信じがたい…
 あの2人の…お嬢のあの幸せそうな笑顔が
 今まで演技だったなんて…

 本人がああ言っている以上
 本当なのだろうけれど…)

頭をブンブン振り目を伏せる鶇


(ああダメだ、まだ頭が混乱しているな
 一度冷静に整理してみよう

 お嬢様が本物の恋人で無かったとして
 何が変わるだろう…

 …特に何も変わらんか
 いや…むしろ二人の助けになるべきだろう

 2人の働きで実際組織間の衝突は
 減っているのだし、お嬢の為にもなる

 ほかには何があるだろう、あとは…
 …一条楽がお嬢の恋人でないのなら

 一条楽が【他の誰か】と結ばれても
 問題無いということ…?)

顔を赤らめる鶫


「どぅわぁあああ!!

 何を考えているんだ私は…!!
 一瞬とはいえいま何を…!!

 他の誰かって誰だ!!

 わわわわ私は何も
 考えてないったらぁ~!!」

--------------------------------------

そこにポーラの声がする

ポーラ
「…へぇ~あの二人って
 恋人じゃなかったんだ~」

ビクっと振り向く鶇、
後ろでせんべいを頬張るポーラ


「ポ…ポーラ…その話をどこで…(汗」

ポーラ
「たった今あんたから

 あんたさっきからずっと1人で
 ブツブツしゃべってたわよ?

 大丈夫?」

鶇がポーラにこの件を話す

ポーラ
「…ほうほうなるほど
 話はだいたい分かったわ

 …要するに黒虎大チャンス
 ってことね♡」


「違う!!」

顔を真っ赤にしている鶫

5


ポーラ
「だってあんたずっとお嬢様のこと
 気にかけてたじゃない

 これでようやく気兼ねなく
 あのぼうやを物にできるのよ?

 今さら何を迷うわけ?
 良かったじゃない」


「いや…理屈はそうかもしれんが
 そういう問題ではなくてだな…
 そもそも私は…」

ポーラ
「ったく…いつまでもそうやって
 素直じゃないといつか後悔するわよ?

 とりあえず明日はこれ来て
 学校行きなさいな、いいわね?」


「!?これは…!?」

頬を赤くする鶇

煽り
「いいけいけGOGO!?」

ニセコイ ネタバレ 205話へ続く
屋敷にクロードが現れる。

部下「…あ! クロードさん!」
「おはようございます!」
「なんだか…久々にクロードさんを見た気がしますね…」
クロード「ああ 最近は任務で方々回っていたからな」
「お嬢の様子はどうだ?」

■眉間のシワ 多めで帰還

「お元気ですぜ? 今日だって明日がデートだってんで鼻歌歌ってたくらいで」
クロード「ぐっ…そうか…元気ならいいのだ…(怒)」
「…誠士郎はどうしている?」

ポーラと話している鶇。
ポーラ「…ねぇ ブラックタイガー あんたこのシンロキボウチョウサショって書いた〜?」
進路希望調査票を出すポーラ
鶇「進路調査書?ああそういえば二年になった時に書かされたな」
ポーラ「担任が早く提出しろってうるさいのよ 書き方これで合ってるかしら?」
鶇「別に適当でいいだろう 私達に進路など意味がないからな お嬢の進む先に付いてゆくだけだ」
ポーラ「それは分かってるけど…一応よ 一応…!」
鶇「ん?ポーラお前大学へ進学したいのか?」
鶇が言うと すごく慌てるポーラ
ポーラ「だっ!ババババ 何言ってんの 違うわよ!ただなんかそれっぽいこと書いとかないとメンドーだから…!誰がこれ以上学校なんて楽しくない所に…!」
鶇「…何をそんなに慌てているのだ?」
ポーラ「そういうあんたは何て書いたの?」
鶇「は?いやだから…私達に進路なんて…」
ポーラ「なによ ちゃんと関係あるでしょ?第二の妻っていう…」
吹き出す鶇
鶇「だからポーラ 何度も言うが私はそんな事望んで…!」
ポーラ「は〜まったく煮え切れないわねぇ〜 そんな事言ってるから好きな男一人も落とせな…」
鶇「落とせなくて結構だ!だいたい私はあんな奴の事はなんとも…」
焦る鶇 そこにクロードから電話。
鶇「クロード様だ もしもし 誠士郎です」

場面は変わり楽と千棘のデートの日
千棘「…おはよーダーリン 今日もよろしく〜」
楽「…おう…おはよ…」
千棘「今日どこいく?」楽「一緒に決めようぜ」
そんな二人を遠くから双眼鏡で見てる鶇
鶇(…はぁ クロード様も執念深いというか諦めが悪いというか…)
クロードの言葉が蘇る
クロード「…いいか誠士郎 今度こそ 奴のしっぽを掴むのだ!どんなに正体を隠そうとも必ずスキじゃあるはずだ!必ずやあのガキを血祭りに上げて…」
鶇(…まったく 今更この二人に張り付いた所で何も無いだろうに…信じては貰えんだろうが)
楽と千棘のデートを尾ける鶇。女の子らしい格好をしている

(見てきたのだ…二人の慈しみ合う姿を…誰よりも近くで…)
(この姿ならバレることもあるまい)
(…うん 幸せそうだ)

キュ…と手を握りしめる鶇
二人の仲良い姿をみてモヤモヤする

鶇(ハッ!?なんだこの胸のモヤモヤは!任務に集中しないか集中!今日の私の任務は二人をただ見守るだけだ…!)

(…そう 見つめ続けるだけだ…)

>>774 続き

二人の様子がおかしい事に気づく鶇
鶇(…ん?なんだ?なんだか二人の様子が…)
楽と千棘は慌てた様子で人気のないところへ…
鶇(どうしたのだろう どんどんと人気のない所へ )
尾行する鶇
鶇(若い男女が人気の無い所へ) と考え顏を赤くしハッとする鶇

鶇(これは追いかけても良いのだろうか…もしかすると恋人同士の人には見られたくない瞬間などを目撃してしまうのでは…しかし私は仕事で二人を監視しなくてはならないわけで とはいえお嬢のプライバシーをそこまで侵害してまでというと…いやいやしかし…)
一人悶々とする鶇
(…申し訳ありませんお嬢 これは全て任務の為なのです 決して私的な興味などではなく仕事の…)
コソコソしながら二人に近づき聞き耳をたてる鶇
千棘「それにしても驚いたわね〜 あんな所にウチの皆がいるなんて…」
楽「ウチのモンまでな ケンカしてるわけじゃねぇみたいだったから良かったけど」
千棘「ちゃんと約束守ってくれてるみたいね ちょっと感心しちゃったわ」
「逃げて来ちゃったけど良かったかしら」

楽「大丈夫だろ 見つかるとメンドーだし」
鶇(なるほど ビーハイブの者がいたのか やくざも 確かに二人きりの時間を邪魔されたくはないだろうな)
千棘「…それにしても意外とバレないもんよね 私達の関係って」
固まる鶇
楽「そうだなぁ ウチの奴らだって 普通に街の中にいるんだし学校の皆だっているのにな」
千棘「最初頼まれた時は感情面よりまず不可能だって思ったわ 案外私って女優とか向いてるのかも」
楽「いやぁ…どうだろ」
目を開く鶇
鶇(な…?なんだ…?何の話をしている…?)
千棘「なによ 文化祭の時は普段恋人のフリしてるんだから大丈夫とか言っといて」
鶇(!!恋人のフリ!?)
楽「あれはあくまでオレ達のアドリブ力の話で…てか親父達との約束まであと一年あるんだから油断すんなよ?」
鶇(約束…!?一年って…!?)
(なんなのだこの会話は…まさか…まさかお嬢達は…)
千棘「そっちこそヘマやらかさないでしょね」
楽「こっちのセリフだ」
千棘「じゃそろそろ行こっか…てか今日あんた口数少なくない?」
楽「…気のせいだろ」
ゴホンと誤摩化す楽
そんな二人に話かける鶇

鶇「ま…待って…!今の話詳しく…」
酷い表情の鶇

驚く千棘と楽
千棘&楽「ギャァアーーーーー!!」
「なんか出たー!!」

詳しいことを話す楽と千棘は鶇の前に正座をしている
鶇「…つまり…」
「お嬢はずっとボス達の命令で恋人のフリをしていただけだと 私はずっと二人にだまされていたと…」
楽「…その通りにございます」
千棘「ごめんねつぐみ 今まで黙ってて…」
鶇「いえ…事情を知れば納得しましたから まさか二人が組織や街を守るためにその身を犠牲にされていたとは…おそれ入ります」
楽「…怒らないのか?殺されると思ってたんだが…」
鶇「この状況なら私に言えるわけもないだろう そのくらいの分別はつくさ」

>>775続き

手を合わせる千棘
千棘「ホントにゴメンね 本当はそろそろ打ち明けなきゃって思ってたんだけど…」
楽「つぐみは千棘の引っ越しの時 あのメガネより千棘の味方になってくれたからな 言うのが遅くなって悪かった」
鶇「いやいいんだ…悪気があって騙してた訳でもないのだし…」
「そんなことより今は 今までそれを見抜けなかった事がショックで…」

千棘 楽(ああ…)
鶇「正直今でも信じられないくらいです 私は心の底から二人は愛し合う恋人同士だと信じていたので…」
「本当に二人はなんでもない関係なのですか?お互いを異性として何とも思っていないのですか?」
赤くなり焦る千棘と楽
千棘「そっ…そちゃあもちろん…ねぇ!? こんな事情さえなかったらなんでこんな奴と…ねぇ!?」
楽「もっ…もちろん何とも思ってねぇよ!?」
鶇「…そうですか…どうやら本当に私には人を見る目が無かったようですね」
「分かりました この事はクロード様には黙っておきます 安心してください 私はこれで失礼致します」
千棘「ああ…うん またねつぐみ」

夜、料理をしながら昼間のことを考え込む鶇。
鶇(まさか こんな事になっていたなんて…)

(クロード様が正しかったと言うことか…私には…なんにも見えていなかったと…)
(今でもまだ信じがたい…あの2人の…お嬢のあの幸せそうな笑顔が今まで演技だったなんて…)
(本人がああ言っている以上 本当なのだろうけれど…)

頭をブンブン振るって目を伏せる鶇。
鶇(ああダメだ)
(まだ頭が混乱しているな 一度冷静に整理してみよう)
(お嬢様が本物の恋人で無かったとして何が変わるだろう…)
(…特に何も変わらんか いや…むしろ二人の助けになるべきだろう)
(2人の働きで実際組織間の衝突は減っているのだし お嬢の為にもなる)
(ほかには何があるだろう あとは…)
(…一条楽がお嬢の恋人でないのなら 一条楽が"他の誰か"と結ばれても問題無いということ…?)

顔を赤らめて叫ぶ鶇「どぅわぁあああ!!! 何を考えているんだ私は…!!! 一瞬とはいえいま何を…!!」
「他の誰かって誰だ!! わわわわ私は何も考えてないったらぁ~!!」

>>776続き

そこにポーラの声が。
「…へぇ~あの二人って恋人じゃなかったんだ~」
ビクっと振り向いた鶇、真後ろにパクパクと呑気にせんべいを頬張るポーラの姿。
鶇「ポ…ポーラ…その話をどこで…(汗汗」
ポーラ「たった今あんたから」
「あんたさっきからずっと1人でブツブツしゃべってたわよ? 大丈夫?」

そして成りゆきを説明する鶇。
ポーラ「…ほうほうなるほど 話はだいたい分かったわ」
「…要するに 黒虎大チャンスってことね♡」

頬真っ赤な鶇「違う!!」
ポーラ「だってあんたずっとお嬢様のこと気にかけてたじゃない これでようやく気兼ねなくあのぼうやを物にできるのよ? 今さら何を迷うわけ?」
良かったじゃない、と笑うポーラ。

鶇「いや…理屈はそうかもしれんがそういう問題ではなくてだな…」
そもそも私は…と頑なな鶇にポーラが言う。
ポーラ「ったく…いつまでもそうやって素直じゃないといつか後悔するわよ?」
「とりあえず明日はこれ来て学校行きなさいな いいわね?」
鶇「!?」

またしても頬を赤くする鶇「…これは…!?」

■いいけいけGOGO!?!?

754: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ 2016/02/04(木) 18:48:55.22 ID:YcuMvFBU.net
転校詐欺の話は出てくるのにそのときにもう抗争はしないと誓ったことはなかったことにすんのかよ
過去を振り返ると穴ばっか出てきてやばい

756: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ 2016/02/04(木) 19:03:28.50 ID:jNhr+6qi.net
別に鶫回はいいけど春回からすぐそれかよ…
情緒も余韻もへったくれもないな

>>756
春の態度から楽は何を感じたか考えるのかとか描いてほしいよね
ヒロインは勝手に納得して身を引き主人公もそれに何を感じ取るでもないって
余韻以前に実質何も起きてないも同然な気がするんだが

760: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ 2016/02/04(木) 19:30:00.93 ID:hakZudIL.net
鶫編はいいんだけど3年生になって学校のシーンは何時やるんだ?
担任とかクラス分けとかどうなったんだろう

761: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ 2016/02/04(木) 19:35:13.22 ID:kyRuFnW5.net
バレだと千棘の思いに鶫は気付かなかった感じになってるよね?
鶫推しとしてそれだけはやめて欲しかった展開なんだけど
ここまで引っ張っといて偶然知っただけってのも最悪だし
ここからストーリー回復出来るのかね 鶫の最後なんだろうから本当ちゃんと書いて欲しい

>>761
ヒロイン処刑編がずーっと続いてるわけだが
今までに死刑執行されたヒロイン達の最期ちゃんと見てきたか?
今更鶫の最期を「ちゃんと書いて欲しい」とか諦めろ

>>763
そうだったね…
諦めてゆらぎ荘と左門くんに移行するわ
鶫好きだったよ…

762: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ 2016/02/04(木) 19:35:24.24 ID:eWrwm/9f.net
変装してる鶫が小野寺とおんなじ顔しててワロタ
もうコミィは漫画描くのやめちゃえよw

764: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ 2016/02/04(木) 20:14:32.18 ID:b/Up7BG4.net
やっぱり鶫処刑編か
ヒロイン一人づつ消していくってどんなラブコメだよ
この漫画の作者はホントラブコメ描くのが下手すぎるわ
もう残り千棘と小咲の二人だけになったらさっさと終わらせてほしい

765: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ 2016/02/04(木) 20:18:30.70 ID:biOmXDnY.net
ピュアラブコメだよ(`・ω・´)

766: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ 2016/02/04(木) 20:22:41.62 ID:BOK5YcJz.net
楽は取り敢えず千棘も小咲も両方好きなんだろ
それなら選ぶまでもなくそのまま千棘でいいじゃん
小咲が好きだったという設定だったから面倒くさかっただけで
家族公認の付き合っている千棘にしない理由がないというか

同じ位好きなのに条件悪い方選ぶ理由がない

>>766
何が大切かは本人の自由だ
そいつが本気でやってるなら上も下もねえだろ

by麻倉葉

>>766
愛はな 品定めじゃねえんだよ

by鬼塚英吉

>>766
むしろ楽にとっちゃ現状でいいんじゃん
千棘とは偽の恋人としてイチャイチャしつつ、「本当に付き合ってるわけじゃないから!」って事で裏では小野寺ともイチャイチャできるんだから

770: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ 2016/02/04(木) 20:38:18.55 ID:ZowrKXBz.net
鶫処刑編に三回使って最終回の前に小野寺処刑
最終回でゴリラとくっつくんだろ
もう分かりきってるからはよ終われ

771: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ 2016/02/04(木) 20:45:13.48 ID:V2+BkO/O.net
Yさんもマリーがいなくなってから掲載順位が上がったのは複雑な気分じゃね

779: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ 2016/02/04(木) 21:14:36.02 ID:NPeEEMOb.net
鶫さらば
お前は嫌いじゃなかったよ

780: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ 2016/02/04(木) 21:20:16.24 ID:BOK5YcJz.net
うわ最悪だな
ホントは楽が好きなことも鶫には伝えず誤魔化すという
本心は打ち明けず都合悪いことは隠す

やっぱ千棘にとって鶫は信頼の置ける友達じゃなくて
都合のいい下僕か

781: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ 2016/02/04(木) 21:22:22.08 ID:RPoOmc12.net
何かなぁ…一人ずつ切っていくんなら最後まで千棘残して
次は千棘が切られるのか?と思ったら実は好きになってたって
こないだのマジコイ回持ってきた方がよかっただろ…

782: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ 2016/02/04(木) 21:31:08.98 ID:bsW69Qrk.net
いよいよサブヒロインラストだな
3話使った後何が起ころうとあと数週間で決着

783: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ 2016/02/04(木) 21:31:56.11 ID:UyEkKqa3.net
おっぱいを強調した服を着てデートして
最後の思い出にパイ揉みくらいするのかね

784: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ 2016/02/04(木) 21:32:27.91 ID:p2jcRlHI.net
> 千棘「ホントにゴメンね 本当はそろそろ打ち明けなきゃって思ってたんだけど…」
> 楽「つぐみは千棘の引っ越しの時 あのメガネより千棘の味方になってくれたからな 言うのが遅くなって悪かった」

ハイ嘘
これは気づかれなかったら絶対に言うつもりなかった言い回しだわ
つかこれ気持ちを誤魔化したってことは鶫は二人は好き合っていないというチャンスをあげてから一気に落とすっていう最悪パターンなんじゃ…
しかも春のお姉ちゃんをよろしくと同様に鶫にお嬢様をよろしくお願いしますって言わせそうで嫌なんだけど…

>>784
そりゃいうだろう
そのための鶫回だろうしお嬢をよろしくって鶫に言わせて
そんでもって最後は千棘と楽の関係察した小咲に千棘と幸せにとか
見守る系になりそう

785: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ 2016/02/04(木) 21:33:16.73 ID:BOK5YcJz.net
というか鶫は女装する必要あったのかコレ
見た目的に男に見られるんだから男装でいいじゃん

787: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ 2016/02/04(木) 21:40:15.75 ID:LLFvM1w8.net
ポーラの安心感

788: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ 2016/02/04(木) 21:43:46.56 ID:nSng6XNu.net
本当ベルトコンベアで運ばれていくが如く処刑が続いてるな
なんの感慨も達成感もない面白味ゼロの糞漫画

789: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ 2016/02/04(木) 21:45:53.59 ID:UyEkKqa3.net
22巻189-197話 鼻からラーメンまで
23巻198-206話 次回204話
24巻207-215話 最終巻?

790: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ 2016/02/04(木) 21:54:28.33 ID:scesmXvg.net
チョコバナナとバナナチップどっち好き?

791: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ 2016/02/04(木) 21:55:20.02 ID:LLFvM1w8.net
ポーラのせんべい食べたい

794: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ 2016/02/04(木) 22:04:53.30 ID:Jb1ukojW.net
何がつまんなさそうって、結局これも鶫の想いには何一つ意味がなかった事になりそうな事
楽にも千棘にも知られないまま自己完結して終わりなんだろ
せめて千棘にでもバレて「いつまでもニセコイ関係のままじゃ駄目だ」って思わせるなら少しは面白くなるんだけど…

>>794
妹寺のトレースで終わりそうな感じがプンプンするよなあ
自己完結してストーリーの根幹にはさざ波すら立てないで終了
いかにこいつらが引き伸ばし要員でしかなかったがよく見える

>>794
> 「いつまでもニセコイ関係のままじゃ駄目だ」

それはもうマリー回で考えてないと駄目なヤツだ



2525: 名無しさんのオススメ記事 2015/00/00(水) 18:18:18.18

cc47c3c36d 【一般】探照灯って怖ぇ・・・これって武器になるんじゃ? 他「敷波」と「と磯波」に乗艦していた方の手記が2/6(土)でネット公開終了へ

cc47c3c36d 秋山「西住殿がワキガだった……」

cc47c3c36d 【艦これ】榛名を褒めるスレ

cc47c3c36d 「パラダイス・キス」(矢沢あい)とかいう女子に人気の漫画wwww

cc47c3c36d 女子が考えた名探偵コナンの最終回wwwwww

cc47c3c36d 【動画感想】映画「魔女の宅急便」をみた女子の反応www